2017年の投資
2 min read

2017年の投資

2017年の投資

2016年8月時点の投資

旧ブログで2016年8月の投資内容を書いてから、ずいぶんと時間が経った。最後に書いた内容を見返すと当時はこんな投資をしていたらしい。

  • 海外ETFバイ・アンド・ホールド
  • 国内個別株ロング・ショート
  • 高金利通貨スワップ狙い
  • OwnersBook不動産投資
  • 日経225先物システムトレード(ロングのみ)

2017年の投資

その後、放置していた海外ETFを売却して、日本株ロング/ショートから撤退し、日経225先物に集中して、結局2016年はプラスで終えることができた。2017年は先物を継続しつつ、2月からオプショントレードに挑戦中。3月からは国内ETFで守りのポートフォリオを組んで、4月からは国内個別株のロング・ショートに再参入したい。

  • 日経225先物(上昇/下落予測)
    → '16年開始済。
  • 日経225オプション(上昇/下落予測)
    → 2月開始済。
  • 国内ETF(単純ルール)
    → 3月開始予定。
  • 国内個別株(上昇/下落予測)
    → 4月開始予定。
  • 株主優待取り
    → サンマルクカフェ、三越伊勢丹
  • OwnersBook不動産投資
    → 放置。全て償還されたら撤退。

日経225先物とオプションは、予測精度が少しでも改善する方法がないか、毎日考えてた。シミュレーションで改善できた日は、次の取引が楽しみでワクワクする。負けることもあるけど、作ったものにフィードバックがあるのは楽しいし、たまには当たるとすごくうれしい。お財布的にも。

機械学習は、最近流行ってるし、自分でも使ってるけど、概念レベルでしか理解していないから、エンジニアの方と話すと「何の話?」となり、会話がかみ合わなくて赤面する。新しく何かを始めるときは誰でも素人だし、少しずつ身に着けていこうと思う。

さいごに

システムトレードって投資判断の仕組みを外に出すって考え方かも。企業における業務のアウトソースと同じで、自分にとって得意でない、重要でないことを、もっと低コストで上手くできる人や仕組みに任せよう、的な。システムトレードの場合、アウトソース先は、自分が作ったプログラムだけど。

自分が信用できる仕組みを作って、PDCAをクルクルと回しながら、少しずつ手がかからなくなっていって、空いた時間で自分は新しいことにチャレンジする。AIと人間の関係性も、自分の中ではそんな位置づけかな。一気にはいかない。

少しずつそんな場所を目指していこう!