GTX-1050TiでCUDA8.0+cuDNN5.1+TensorFlow
1 min read

GTX-1050TiでCUDA8.0+cuDNN5.1+TensorFlow

GTX-1050TiでCUDA8.0+cuDNN5.1+TensorFlow

先日構築した機械学習用PCでTensorFlowを動かそうと頑張っていましたが、ドライバ、CUDA toolkit、cuDNNを入れて、TensorFlowをビルドしてもうまく動かず、途方に暮れていました。

どうやらcuDNNのver6.0を入れていたのが良くなかったようで、以下の記事を参考にcuDNN5.1 for CUDA8.0とpipでtensorflow-gpuを入れたらすんなり動いてしまいました。

Qiita|GTX-1080でTensorFlow
https://qiita.com/Sert/items/48fafa5b28be5b739784

GTX1050Tiに合わせてドライバのバージョンだけnvidia-375に変更しています。

NVIDIAのサイトでGPUに合ったドライバを確認して、

NVIDIAドライバダウンロード
http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp

こちらの方法でインストールしています。前回の記事でもドライバを入れましたが、こちらの方法のほうが簡単です。Ubuntuもデスクトップ版からサーバー版に切り替えたので、こちらの方法をまるっと真似ました。

GTX-1080 など GeForce を Ubuntu 16.04 LTS で CUDA-8.0RC と共に使う

最終的には、このような構成になりました。

ドライバ:nvidia-375
CUDA toolkit:ver 8.0
cuDNN: ver 5.1 for CUDA 8.0

この構成でpip3でTensorFlow(GPU版)とKerasをインストールし、簡単なスクリプトを実行。nvidia-smiコマンドでGPUを利用しているプロセスを確認できるので、そちらで確認しました。うまく動いているようです。

CPUに比べるとさすが、速いです。今回のPC構築と電気代は、かなり大きい投資なので、早く回収できるよう取り組んで行きます。