冬のオーストリア、チェコに行ってきた(2日目)
4 min read

冬のオーストリア、チェコに行ってきた(2日目)

旅行2日目は、ウィーンから電車で4時間ほどかけてチェコのチェスキー・クルムロフという街に向かいました。チェスキー・クルムロフは旧市街とクルムロフ城が世界遺産に登録され、観光地としても有名です。
冬のオーストリア、チェコに行ってきた(2日目)

旅行2日目は、ウィーンから電車で4時間ほどかけてチェコのチェスキー・クルムロフという街に向かいました。チェスキー・クルムロフは旧市街が世界遺産に登録され、観光地としても有名です。

ウィーンから電車でチェスキー・クルムロフへ

当初はバスを乗り継ぎ、チェコのブルノとテルチという街を経由してチェスキー・クルムロフに向かう予定でしたが、長距離バスのチケットが取れなかったため、急遽電車に変更しました。Wien hbf Ost(ウィーン中央駅)からトラムで長距離列車の始発駅であるWien Franz-Josefs-Bahnhof)へ移動し、特急で終点Ceske Veleniceに向かいます。そこからローカル鉄道に乗り換えて、Ceske Budejoviceに行き、そこからREGIOJETの長距離バスで目的地であるCesky Krumlovに向かいます。

ちなみにチェコ語でCeske Budejoviceという街はドイツ語表記でBudweisです。アメリカのビール、バドワイザーの元となったビールの産地です。Budweiser Budvarという名でビールが売られていますので、立ち寄った際には飲んでみてください。私はおみやげに2本買いました♪

Budweiser Budvar

オーストリア、チェコ、ハンガリーでの移動手段

ヨーロッパ旅行の醍醐味の一つが陸続きならではの陸路の旅です。飛行機は便利ですが、隣接する国々をめぐるなら列車がおすすめですよ。郊外の小さい街の家々を眺めたり、広大な農地の中をひたすら進んだり、山間部では鹿を見たり。その国の景色を楽しみながら旅ができるので最高です。

今回は、REGIOJETとFLIXBUSという2つの業者のバスを使いましたが、狭い席に詰め込まれて、少し気持ち悪くなりました。Google Mapsで検索するとなぜか鉄道の経路は少なく、REGIOJETかFLIXBUSの経路ばかりが提案されてきました。Googleに広告費を払っているのかもしれません。今思えば、オーストリアの国鉄にあたるOBB(https://www.oebb.at/en/)で検索すればよかったと思います。後日FLIXBUSを利用したのですが、REGIOJETに比べればFLIXBUSの方が混雑具合、座席スペースなどまだ快適です。個人的には、鉄道>FLIXBUS>REGIOJETの順がお勧めです。

1. OBB

オーストリアの国鉄にあたる企業。Google Mapsで検索してもバスばかり出てくるので、鉄道での経路検索はこのサイトでやるべきです。

2. FLIXBUS

ドイツ系(と思われる)の長距離バス業者。2階建てバスが多い。指定席ではないので、2Fの一番前の席など良い席は早い者勝ち。

3. REGIOJET

長距離バス業者(国は未確認)。全席指定で車種にもよると思うが、全席に飛行機同様のディスプレイあり。

どのサイトもネットで予約し、PDFでチケットの発行ができます。PDFをダウンロードしておいて、QRコードを読み取る方法で予約の確認をしてもらえますので、スマホ・PCがあれば便利ですよ。

チェスキー・クルムロフでランチ

この日のランチは、ホテルのレセプションを兼ねているチェコ料理のお店で食べることにしました。洞窟の中のような薄暗く、雰囲気のあるレストランでした。中国語で歓迎を表すメッセージを掲げており、店内もアジア人のお客さんがたくさんいました。店の広さに対して店員さんが少なかったようで、皆さんイライラしていたようです。仕方ないですね。

Restaurace Mastal

熟成肉(牛)のステーキ

レアのステーキと甘く茹でたスナップエンドウにグリーンペッパーのきいたソースがかかっていました。スナップエンドウの甘さとグリーンペッパーの刺激が新鮮でした。

Mastal 熟成肉(牛)のステーキ

シーザーサラダ

鶏肉とチーズがたっぷりのったボリューム満点のシーザーサラダです。シーザーサラダはチェコ料理なのか?ってのはありますが(笑)

Mastal シーザーサラダ

街を散策

道はすべて石畳になっていて、古い町並みの雰囲気があり、落ち着きます。街の中心の広場にはクリスマスマーケットも出ており、すごく賑わっていました。

クリスマスマーケットはにぎやか

クリスマスマーケット

しばらく街を散策し、クリスマスマーケットでホットワインと一緒に焼きたてのトゥルデルニィクを食べて体を温めました。トゥルデルニィクは、生地太めの棒に巻きつけて、回しながら炭火で炙って焼き上げるチェコの伝統的なお菓子です。焼き上がったら、シナモンと砂糖をまぶして、出来あがりです。

クルムロフは「川の湾曲部の湿地帯」を意味し、ドイツ語のKrumme Aueをその語源とする。
wikipedia チェスキー・クルムロフ

町の名前にもあるように、旧市街は低い場所にあり、クリスマスマーケットの会場がある旧市街から川を隔てた対岸の高台にクルムロフ城があります。クルムロフ城から街を見下ろすと、素焼きのレンガ(なのか?)の屋根に覆われた家々を見渡すことができます。

夕方のクルムロフ城はライトアップされる

旧市街からのクルムロフ城

クルムロフ城からは旧市街が一望できる

チェスキー・クルムロフ 全景

一度ホテルに戻り、その後夜景を見に行こうと思ったのですが、この日はそのまま寝てしまいました。