テーマ投資:プライベート・エクイティ
1 min read

テーマ投資:プライベート・エクイティ

テーマ投資:プライベート・エクイティ

なぜPE(プライベート・エクイティ)なのか

ここでプライベート・エクイティ(以下PE)と呼ぶのは、非上場企業のエクイティ(資本)への投資から収益を得ることを生業とする企業のことを指しています。ベンチャーに投資するファンドを運営するベンチャーキャピタル(VC)などもPEに含まれると考えています。このような企業は公開情報の少ない投資先(非上場企業)の情報を探し出し、資金を投入し、企業価値を高める活動を行っています。PEの収益はファンドの運用管理費、投資先の収益からの配当、投資先企業の売却益になると思います。ファンドの運用管理費はファンド運用額に対する定率が多いらしく、比較的安定しているようです。それに比べて投資先の配当や売却益はPEの経営能力と市場環境によって大きく変動するようですが、うまくいけば大きな収益が上がるようです。

PE関連ETFと個別銘柄

カーライル、ベイン・キャピタル、KKRなどいくつかの企業は日本経済新聞を読んでいれば何度か名前は読んだことがあると思います。カーライル、KKRは上場しています。ほかにもブラックストーン、アポロ・グローバルなども上場しているようです。
PE関連のETFはiShares Listed Private Equity UCITS ETF(IPRV)がロンドンとアムステルダムに上場しているようです。私が使っているIB証券であればどちらも取引可能なようですね。もし個別銘柄に投資するにしてもこのETFの保有銘柄から選べば良いかもしれません。
今回は有名どころであるブラックストーン(BX)とKKRに投資することにしました。満遍なく投資するならIPRVでも充分ですが、投資金額が大きくないので銘柄を絞ることにしました。

さいごに

既に書いた産業ロボット、航空・防衛に加えて、3つ目のテーマ投資としてプライベート・エクイティについてメモを書きました。現時点ではPE関連ETFであるIPRVには投資しないことにしましたが、引き続きIPRVの保有銘柄を中心にウォッチしていきたいと考えています。皆さんもPEというビジネスに興味や価値を感じた際には投資を検討してみてはいかがでしょうか。
参考になりましたら是非シェアをお願いします!